レオパレス 不備物件が千棟拡大 

2019年06月11日

レオパレス 不備物件が千棟拡大 外部委に追加調査依頼

 

 レオパレス2110日、アパートの施工不良問題で不備のある物件が5月末時点で計16766棟に上ったと発表した。4月末時点の公表数から約千棟拡大した。また、同社が設計し他社が施工した物件の不備などについて、外部調査委員会に追加調査を依頼。原因などを調査する。
 レオパレスは同社が施工した全39千棟を調査している。住戸を仕切る壁が天井裏に設置されていないなどの施工不良に関し、調査を終えた22056棟の7割超で問題が見つかった。不備物件はさらに増える可能性がある。

 

欠陥住宅