TATERUに業務停止命令へ 

2019年06月22日

TATERUに業務停止命令へ 投資用不動産めぐる不正・国交省

 

 国土交通省が東証1部上場のアパート企画・管理会社TATERUに対し、宅地建物取引業法に基づき、業務停止命令を出す方針を固めたことが17日、分かった。同社では投資用不動産向け融資を金融機関から引き出すため、顧客の預金データを改ざんしていたことが判明している。
 国交省の関東地方整備局が21日、同社への聴聞を実施し、停止命令を出す。処分期間や停止する業務の範囲などは今後詰める。