太陽光発電に対する意見

2019年06月23日

今後の太陽光発電への投資に「賛成」するの意見

・環境に優しく、エコであるものに先行投資することはよいことだと思うため

・社会的な意義があると思うから

・脱原発に貢献したいから

・新時代のエネルギーへの投資だから堅実だと感じる

・買い取り価格が安定しているので事業計画が立てやすい

・国策に沿った次世代の資産であり、投資しない理由がない

・アパートの屋根に載せるなど不動産賃貸業と合わせて考えるならアリ

・固定買い取り期間である20年間は安定した収益が得られ、リスクが少ないから

 

今後の太陽光発電への投資に「反対」する意見

・現在の太陽光発電は供給過剰であり、買い取り価格の値下げも続いているから

・買い取り価格が下がっているので、パネルの耐久性にも不安がある

・買い取り価格が不安定なので、手を出す気が起こらない

・買い取り価格が下がる一方で、今後利回りがさらに低下すると思うから

・かつての政権交代時の政商によって税金が投入された分野だから

・ドイツの例を見てもこの政策に未来はないと思うから

・設備の故障リスクと買い取り制度の変更リスクがあり、不安が残るため

・アパートやマンションに比べ資産性が低く、出口戦略が描けないから

・寿命を迎えた後のパネルの廃棄を考えると、環境に悪いと感じる

太陽光自家発電