空き家数 3.6%増加し 848万戸に

2019年10月29日

空き家数は5年前から3.6%増加し848万戸に 空き家率は13.6%に上昇

 

 居住世帯のない住宅のうち、空き家は848万9,000戸で、前回の819万6,000戸から29万3,000戸(3.6%)増加した

 空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)は13.6%で、前回の13.5%から0.1ポイント上昇し、過去最高となった。
 空き家の内訳は、「賃貸用の住宅」が432万7,000戸(総住宅数に占める割合6.9%、前回7.1%)、「売却用の住宅」が29万3,000戸(同0.5%、0.5%)、「二次的住宅」が38万1,000戸(同0.6%、0.7%)、「その他の住宅」が348万7,000戸(同5.6%、5.3%)だった。

古い家