シェアハウス融資の借金帳消し 

2020年03月26日

シェアハウス融資の借金帳消し 不正のスルガ銀が応じる

 

 スルガ銀行は25日、シェアハウス融資で不正が多発した問題で、融資を受けた約250人に対し、物件を手放すと同時に残債をゼロにする手続きを実施した。銀行が借金を「帳消し」にする異例の対応となった。
 スルガ銀の不動産融資では預金通帳などの顧客資料を改ざんし、過剰な融資が横行していたことが2018年2月に発覚。同行は18年秋に金融庁から半年間の業務停止命令を受けた。
 シェアハウス融資は1200人超に計2千億円超が実行された。うち約440億円分の残債がある約250人が昨秋、東京地裁に調停を申し立てた。スルガ銀はシェアハウス融資での損害賠償義務を認定した地裁の調停勧告も踏まえ、借金帳消しに応じた。