賃貸管理適正化法が衆院通過

2020年05月28日

「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律案」(賃貸管理適正化法)が26日、衆議院で可決、参議院に送られた。

 

同法案は、近年、賃貸管理事業者の介在するケースが多い中、オーナーあるいは入居者とのトラブルが増えており、特に、サブリース方式では、家賃保証等の契約条件の誤認を原因とするトラブルが多発し、社会問題化していることを受け、提出に至った。

 

サブリース事業者と所有者との間の賃貸借契約の適正化に係る措置、賃貸住宅管理業に係る登録制度の創設を盛り込んでいる。

 

 

不正業者への調査