台風10号 位置情報で身の危険を表示

2020年09月06日

ウェザーニュースアプリ、台風10号対策に「あなたのエリアの被害予測」「停電リスク予想」を配信

 

ウェザーニュースは9月4日、スマホアプリ「ウェザーニュース」上で、過去最強クラスとも見込まれる特別警戒級の台風10号に伴う被害可能性を確認できる「あなたのエリアの被害予測」と「停電リスク予測」の配信を開始した。

 

台風10号に伴う暴風、大雨による身のまわりの具体的な被害の可能性を確認できる「あなたのエリアの被害予測」は、スマホの位置情報から、現在地で停電が発生する可能性や、家屋への影響、徒歩移動の際の飛来物によるケガや道路冠水の可能性、クルマ移動における車両横転や車両浸水の恐れなどを一覧で表示する。

 

また、暴風によって停電が発生する可能性があるエリアをマップ表示する「停電リスク予測」は、「注意(黄色)」「警戒(赤色)」の2段階で色分け。現在地周辺の停電の可能性を、マップのズームなども利用しながら確認できる。

 

 

 

 

 

1