レオパレス21 米投資会社が支援

2020年10月01日

レオパレス21 米投資会社が支援、572億円の資金調達で債務超過解消へ

 

施工不良問題で揺れる(株)レオパレス21は9月30日、ソフトバンクグループの米投資会社フォートレス・インベストメント・グループから第三者割当増資や融資などで572億1500万円の資金を調達すると発表した。  

 

債務超過の解消や界壁等の施工不備に係る補修工事費用を確保して、経営の立て直しを目指す。


同時に発表したレオパレス21の2020年4~6月期(連結)業績は、四半期純利益が141億2300万円の赤字で、118億1800万円の債務超過に転落した。


当初、同年4~6月期の決算発表を8月7日に予定していたが、監査手続きの遅れなどで9月11日に延期。しかし、決算業務の担当者が希望退職募集で想定以上に退職したことなどから9月30日に再延期していた。  

 

同年4~6月期の連結業績は、売上高が1039億8600万円(前年同期比8.2%減)、営業利益が▲68億2700万円(前年同期▲42億3500万円)、四半期純利益が▲141億2300万円(同▲57億3600万円)だった。