緊急事態宣言 延長の方向で調整

2021年05月06日

政府は、緊急事態宣言について「延長」の方向で調整を進めている。

 

期間は2週間から1か月程度を検討、6日に方針決定の見通し。

 

「専門家のご意見を伺った上で、今週中に判断をしたい」(菅首相)菅総理は5日、関係閣僚らと協議した後、4都府県の緊急事態宣言の延長などについて、週内に判断する考えを示した。協議に参加した閣僚の1人は、感染状況について“かなり厳しいというのが共通認識”であると明らかにした。

 

政府は宣言の延長に向け調整を進めていて、延長幅は「2週間」から「1か月」程度の案が検討。

 

菅総理は6日、改めて関係閣僚と協議し、4都府県の宣言延長や北海道、福岡が要請する「まん延防止等重点措置」の適用などについての政府方針を固め、7日に正式に決定する見通し。

 

 

2