レオパレス21 3期連続の最終赤字

2021年05月15日

経営再建中の(株)レオパレス21は5月14日、2021年3月期(連結)の最終利益が236億8000万円の赤字だったと発表した。

 

施工不良問題などで入居率が低下し、賃料収入の落ち込みや資金調達、支払利息の負担も嵩んだ。2019年3月期以降、3期連続の最終赤字で、東証基準で84億9400万円の債務超過に転落した。

 

2021年3月期(連結)は、売上高4089億5900万円(前期比5.7%減)、営業利益291億8200万円の赤字(前期364億7300万円の赤字)、最終利益236億8000万円の赤字(同802億2400万円の赤字)だった。  

 

レオパレス21は2020年11月、米投資会社フォートレス・インベストメント・グループから第三者割当増資や融資などで572億1500万円の資金を調達した。また、約1000人の希望退職者の募集や固定資産の売却などコスト削減も進めている。しかし、業績改善や財務強化のほか、施工不良物件の改修工事など課題が山積している。  

 

同日、発表した2022年3月期連結予想は売上高4029億円、営業利益20億円の黒字、最終利益56億円の赤字と4期連続の最終赤字を見通している。レオパレス21は、「新株予約権の行使を見込まない前提で2023年3月期末に自己資本毀損を解消するよう努める」としている。

 

 

 

 

 

2