20年度の新設住宅着工 2年連続で減少

2021年05月26日

国土交通省は28日、2020年度および21年3月の新設住宅着工統計調査結果を発表した。

 

20年度の新設住宅着工戸数は81万2,164戸(前年度比8.1%減)、新設住宅着工床面積は6,629万9,000平方メートル(同9.3%減)と、いずれも2年連続の減少となった。

 

利用関係別では、持家が26万3,097戸(同7.1%減)と2年連続の減少。貸家は30万3,018戸(同9.4%減)で4年連続の減少。分譲住宅は23万9,141戸(同7.9%減)と、2年連続で減少となった。分譲住宅のうち、マンションは10万8,188戸(同3.1%減)と2年連続の減少、一戸建て住宅は12万9,351戸(同11.5%減)と6年ぶりに減少した。

 

3月の新設住宅着工戸数は7万1,787戸(前年同月比1.5%増)と、21ヵ月ぶりの増加。新設住宅着工床面積は583万8,000平方メートル(同0.2%減)と2ヵ月連続の減少。季節調整済年率換算値は88万戸(前月比9.0%増)と、3ヵ月連続の増加となった。

 

利用関係別では、持家が2万2,340戸(前年同月比0.1%増)と5ヵ月連続の増加。貸家は2万7,245戸(同2.6%増)で31ヵ月ぶりの増加。分譲住宅は2万1,824戸(同2.8%増)と、増加に転じた。分譲住宅のうち、マンションは1万392戸(同9.4%増)と増加に転じ、一戸建て住宅は1万1,319戸(同2.6%減)で16ヵ月連続の減少となった。

 

 

 

1