リフォーム市場 コロナ禍の影響は軽微

2021年06月12日

21年第1四半期のリフォーム市場規模は1兆5,074億円(前年同期比12.4%増)と推計。新型コロナウイルスの感染拡大にともない、2回目の緊急事態宣言が発出されていたにもかかわらず、17年以降最も大きな規模となった。「設備修繕・維持関連」の支出が大きく伸びていることが、市場に大きな追い風となっている。

 

20年度の市場規模は、6兆6,996億円(速報値)、前年度比1.6%増と推計。上期(4~9月)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響が大きく、前年度同期比9.7%減となったが、下期(10月~21年3月)は同13.6%増と上期のマイナス分を取り戻す形となった。

 

21年の市況は、20年度後半の勢いで市場が堅調に推移すれば、7.0兆円が期待できると予想。一方で、旅行・レジャーやエンターテインメント関連の支出が増加すると、住空間の改善への支出が減少し、市場が低迷する可能性もあるとした。

 

 

 

2