ゼロ金利解除 22年に前倒し 米FRB

2021年09月23日

米連邦準備制度理事会(FRB)は22日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開催した。  

 

終了後に公表されたFOMC参加者の政策金利見通しでは、事実上のゼロ金利を解除し、利上げを開始する時期が2023年から22年に前倒しされた。  

 

終了後に公表したFOMC声明では「資産購入ペースの減速が近く正当化される」と明言。国債購入などを通じた量的緩和策の縮小開始を早ければ11月にも決定することを示唆した。新型コロナウイルス危機への対処で導入した大規模な金融緩和からの脱却を本格化させる。  

 

経済再開による需要急増や、半導体などの供給不足といった問題もあり、米インフレはFRBの目標の2%を大幅に上回る。参加者らは物価上昇への懸念を強めた形だ。  

 

FRBのパウエル議長は記者会見で、「持続的なインフレ上昇が深刻な懸念となれば、われわれは対応する」と強調。また「22年中ごろに量的緩和縮小を完了するのが適切」と述べた。FRBは量的緩和の完了後に、利上げを模索するとみられる。

 

 

 

 

2