福井駅前で多世代向けのタワーレジデンス

2021年10月29日

(株)長谷工不動産、阪急阪神不動産(株)、(株)マリモ、(株)コスモスイニシアは、4社が参加組合員として参画している「福井駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業」を15日に着工したと発表した。

 

同プロジェクトはJR「福井」駅西口の約1.3haの施行区域に、敷地面積約6,900平方メートルの鉄筋コンクリート造・鉄骨造地上28階地下1階建ての住宅棟(商業、住宅、アクティブシニア向け分譲住宅、一般向け分譲住宅)と駐車場棟、ホテル・オフィス棟(商業、広場、ジム、カンファレンスホール・事務所、ホテル等)からなる複合施設を新設する。延床面積は約7万540平方メートル。

 

4社は住宅棟を開発。”多世代循環型タワーレジデンス”をコンセプトに、長谷工不動産と阪急阪神不動産、マリモの3社で「一般向け分譲住宅」(13~28階)を、低層階にはコスモスイニシアが「アクティブシニア向け分譲住宅」(3~12階)を開発する。

 

「一般向け分譲住宅」(総戸数118戸)は、専有面積約45~145平方メートル、間取りは1LDK~4LDK。多様な間取りを用意し、シングルやDINKS、ファミリー世帯など幅広い層を対象として開発していく。2022年春頃の販売を予定。

 

「アクティブシニア向け分譲住宅」(総戸数106戸)は、専有面積約37~74平方メートル、間取りは1LDK・2LDK。大浴場やダイニングラウンジといった共用施設やフロントサービスを備え、年齢を重ねても快適に暮らせるようなサポートやサービスを提供する。22年秋頃の販売を予定している。

 

プロジェクト全体の工事完了は24年夏頃の予定。

 

 

 

1