パウエル氏を次期FRB議長に再指名

2021年11月23日

バイデン米大統領は連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長にパウエル現議長を再指名し、ブレイナード理事を副議長に昇格させる人事を行った。

 

米国が数十年ぶりの急ペースのインフレに見舞われ、新型コロナウイルス感染拡大の影響が長引く中で、金融当局の一貫性を重視した格好だ。

 

ホワイトハウスが22日午前に人事を発表した。共和党員であるパウエル氏については、上院での承認が円滑に進む公算が大きい。1期目の指名公聴会では賛成84票、反対13票で承認された。

 

ブレイナード理事は退任するクラリダ副議長の後任として指名されたが、指名公聴会では上院共和党からの反対に遭う可能性がある。

 

 

 

 

2