17日(金)~18日(土)冬型の気圧配置

2021年12月17日

北日本から西日本では、17日(金)から18日(土)にかけて強い冬型の気圧配置となるため、日本海側を中心に雪を伴って非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込み。暴風雪や暴風、高波に警戒するとともに、大雪にも注意・警戒が必要。

 

前線が東シナ海にのびており、16日(木)朝には前線上に低気圧が発生し、17日(金)は急速に発達しながら本州の南岸から日本の東へ進む見通し。また、別の低気圧が、急速に発達しながら日本海から北海道を通り、17日夜には千島近海へ進む見込み。これらの低気圧の通過後は、日本の上空に強い寒気が流れ込み、日本付近は18日(土)にかけて強い冬型の気圧配置となる。

 

<大雪> 

北日本から西日本では、日本海側を中心に17日から18日にかけて大雪となる見込み。太平洋側の山地でも大雪となる所がある。    

 

18日午前6時までの24時間予想降雪量(多い所)

北陸 50~70センチ 

 

 

 

2