12/27(月)は北陸などでドカ雪に警戒

2021年12月26日

寒波の影響で日本海側を中心に積雪が増加しています。

 

明日27日(月)は上空の気圧の谷が通過するため、局地的に雪雲が発達し、短時間に激しい雪の降るおそれがあります。すでに大雪となっている所が多く、さらなる警戒が必要です。

 

今日は日本海で異なる方向の風がぶつかって形成されるJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)の影響で、山陰や近畿北部など西日本の日本海側で断続的に強い雪が降っています。15時の時点で鳥取県や兵庫県、京都府など山陰から北陸にかけての8つの府県に大雪警報が発表中です。

 

明日27日(月)はJPCZが北上する予想で、強い雪の中心が北陸へと移っていきます。さらに上空の気圧の谷が通過するため、JPCZ周辺では雪雲が発達する見込みです。局地的には激しい雪となり、1時間に10cmを超えるような急激な積雪増加のおそれがあります。

 

JPCZの通過時は山沿いだけでなく、平野部でも雪が強まる予想です。北陸の沿岸部や平野部を通る主要な道路の積雪が増えた場合は、立ち往生が起きて大規模な交通障害につながることがあります。雪の強い時間帯の移動はできるだけ避け、やむを得ない場合はしっかりと準備をするようにしてください。

 

 

 

 

2