日本海側は降雪のピーク14日(金)まで

2022年01月13日

寒気南下 日本海側は降雪のピークに 14日(金)まで大雪警戒 太平洋側も積雪のおそれ

 

日本海側は北陸の山沿いを中心に、あす14日(金)にかけて大雪となる見込み。急速に増える積雪、交通障害などに警戒が必要。北日本は14日(金)にかけても、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に警戒が必要となる。また、西日本の太平洋側や東海でも雪が降り、平地でも積雪となる所があるため、車の運転などは注意が必要。

 

<北陸中心に大雪警戒>

上空に強い寒気が流れ込んでいる影響で、日本海側は14日(金)にかけて大雪や強風に警戒・注意が必要となる。北陸など、すでに雪の降り方の強まっている地域があり、強い雪の範囲は今夜にかけてさらに広がる見通し。風の強い状態も続くため、吹き付ける雪により視界の悪くなる所がありそうだ。13日(木)午後は北陸から山陰の沿岸で少し気温が上がり、みぞれの状態となる所もあるが、いったん雪が強まり出すと急に積雪が増えるシーンに切り替わるので注意が必要。

 

北陸や西日本の日本海側は、14日(金)昼前にかけて大雪に警戒が必要で、富山県や新潟県の山沿いを中心に、特に14日(金)朝までの時間帯は積雪が急増する所がある見込み。大雪による交通障害、湿った重い雪による農業施設への被害、着雪などに警戒・注意が必要だ。また、大気の状態が非常に不安定となるため、落雷に伴う停電、竜巻などの激しい突風、降ひょうにも注意が必要となる。

 

 

 

2