GW中に交通事故が多い場所・時間帯とは

2022年05月02日

ゴールデンウィーク中に交通事故が多い場所・時間帯とは 福井県警が過去5年間の分析結果を公表。

 

福井県警は2017~21年のゴールデンウィーク(GW)期間(4月26日~5月12日)の交通事故の分析結果を公表した。正午から夕方に集中しているほか、市街地以外の割合が高いのが特徴。期間中は交通量の増加が見込まれ、県警は「しっかり休息を取り、運転に集中してほしい」と呼び掛けている。

 

県警交通企画課によると、過去5年のGW期間中に計243件の交通事故が起きた。正午~午後5時に半数の122件が発生し、運転の疲れが出る時間帯に多発する傾向にあるとしている。発生場所別では、県境や郊外などが109件を占めた。

 

重傷・死亡につながる割合が高いオートバイが絡む事故も他の時期に比べて多く、県警はツーリングのライダーに安全運転やプロテクターの使用を啓発する。

 

 

 

 

2