FRB 0.75%利上げ 

2022年06月16日

米連邦準備制度理事会(FRB)は15日、政策金利を0・75%引き上げると決めた。

 

0・75%の大幅利上げは1994年11月以来、27年7カ月ぶり。約40年ぶりの記録的な物価上昇(インフレ)を抑制するため、上げ幅を従来の3倍にした。3会合連続の利上げで、政策金利の誘導目標は1・5~1・75%となる。  

 

パウエル議長は会合後の記者会見で「驚くべきことに(前回会合から)インフレ率が再び上振れた。こうした動きに対応するため、大幅な利上げは正当化されると判断した」と述べ、前回会合後に示唆した0・5%を上回る利上げに理解を求めた。0・75%の上げ幅について「異例の大きさで、これが一般的になるとは考えていない」と指摘しつつ、「次回の会合では0・5%または0・75%の利上げの可能性が高い」と大幅な利上げを続ける考えを示した。  

 

同日FRBが公表した2022年末の政策金利見通しは3・4%で、3月会合時点の見通し(1・9%)から大幅に引き上げた。年内の残る4回の会合でも急ピッチで利上げを続ける方向だ。23年末の政策金利見通しは3・8%とした。  

 

インフレ率は、4月に前年同月比6・3%上昇した個人消費支出(PCE)物価指数について、22年末の見通しを5・2%とし、3月の見通し(4・3%)から大幅に引き上げた。一方、22年末の実質経済成長率見通しは1・7%と、3月の見通し(2・8%)から引き下げた。  

 

FRBは5月会合で従来の上げ幅の2倍となる0・5%の利上げを決定。当初は6月会合も同じ上げ幅と予測されていたが、10日発表の5月の消費者物価指数の上昇率が市場予想を大幅に上回ったため、0・75%の利上げ観測が急速に広がっていた。

 

 

 

2